いつの日か万里の長城へ


 不到長城非好汉! いつの日か憧れの万里の長城へ行きたいと思います。「中国語学習 」がメインテーマです。         PinChuan  

SUICAでマイルをGet!  FC2BlogRanking_a_02 湘南の中国語教室中文學苑ロゴ2

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
北京旅行第二天
北京旅行二日目。

ツアーなどでは二日目の朝から、「長城ツアー」に出発してしまいそうですが、
私はやめました。家族の調子を見てからでも遅くないので、二日目は北京市内を観光。

9:00に「普先生」とロビーで待ち合わせ。
前日、「時間通りに来いよ」と念を押したものの、やはり疑わしい(笑)。

結果他準時来的。

以下、第2天・第3天と基本は学生券が大人の半額。
身長1.2m以下の子供は免費(無料)です(→老末は免費)。

先ずは昨日の続きで「故宮博物館」へ
P7260034.jpg
子供達に建築物だの云々言ってもね~。
「大きい」ってのは感じ取ってくれた様です。

次に「頤和園」へ
P7260039.jpg
入って地図と景色を照らし合わせて見たら、
大きすぎて帰りたくなった(笑)。

歩いてばかりでは、体力が1日持たないので、↓このに乗って
P7260043.jpg

↓こっち(もうちょっと奥側)へ着きました。
P7260047.jpg

千手観音」もちゃんと見て来ましたよ。
P7260049.jpg

まだまだ奥にも色々ある様ですが、大きければいいとか、
長ければいいとか、早ければいいとか、もうホントにウンザリです(笑)。

ここで途中の「麦当労(マクドナルド)」で昼食。
中国のマクドナルドとケンタッキーを体験する」という子供達の拙い
目標を半分クリアーしました(笑)。

混んでいて席が取れずに、嫁がイライラしてました。

それから、第二天はツアーから夕食「ジャージャー麺」が出るとの事でしたが、
「17時にホテルのフロントで待ち合わせ」なんて言われたので、ここで
ガイドの王小姐にキャンセルの電話を入れました。

17:00で行動を切らないで欲しい。17:00に戻るなら16:00台から
戻る行動しなくちゃならないじゃない?。企画する人の気持ちを疑うよ。

次に「北京動物園」へ
P7260054.jpg
パンダ館」の前で。

パンダ」はナカナカ此方を向いてくれず・・・
P7260058.jpg

終いには後ろを向く始末(笑)。
P7260062.jpg

それでもパンダを見れたので、子供は喜んでいました。
パンダグッズも買いまくっていました。


引き続き中にある「北京海洋館」へ
P7260076.jpg
*)家内と老大は歩き疲れて海洋館へは入らず、外で休憩中・・・。

イルカのショー」を見ました。
P7260078.jpg
日本のショーを見たことが有れば、ちょっと物足りないかも。

結局この日は20:00頃にホテルまで送ってもらいました。

それから少し、西単の方へ歩いて「上井」という日本料理屋で食事をしました。

またもや日本料理なのですが、子供達も希望しているので。
せめて食事ぐらいは安心して食べさせてあげましょう。

「128元/大人・子供半額」で食べ放題・飲み放題というサラリーマンには
ありがちなコースにしましたが、何だか一つ一つの量が少なく、再度頼むと
「売り切れ」とかちょっと「う~ん」と考えてしまう事がしばしば。

席担当の店員が「日本語勉強し始めたばかりです」みたいな人で、
子供達の相手をしてくれたので、子供達はとっても気にいった見たいです。
明日もこの店で食べると言い張っていました。

本日のベストショット(老二と老末)」 この二人、体系差が凄いのですが、実は年子です。
P7260091.jpg
話はそれますが、「老二」は天パがコンプレックスなので、
小3から「ストレートパーマ」をかけています。
贅沢ですが、最近のパーマは半年位持ちますね。
最近は前髪をのばすのがお気に入りの様です。

老大と老末
P7260093.jpg

老二のお気に入り
P7260094.jpg
左から「ポカリスエット・コカコーラ・スプライト」ですね。
一番右のは現地のミネラルウォーターです。

この日は22:00頃、ホテルに戻りました。


第三天に続く・・・・・


PinChuan


スポンサーサイト
中国語 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
<< 北京旅行第三・四天 | home | 北京旅行第一天 >>
コメント
コメントする

管理者にだけ表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。