いつの日か万里の長城へ


 不到長城非好汉! いつの日か憧れの万里の長城へ行きたいと思います。「中国語学習 」がメインテーマです。         PinChuan  

SUICAでマイルをGet!  FC2BlogRanking_a_02 湘南の中国語教室中文學苑ロゴ2

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
事故
久しぶりにブログを更新しようという気になった。
とても衝撃的な事件が起きたからだ。

数日前の事、TVで見た方も多いはず。
私の住む町にあるとあるデパートでエスカレーターと保護板に
子供が頭を挟まれて、意識不明の重体らしい。

TVで言っているので隠してもしょうがない、「西友平塚店」なのだ。

で何故衝撃的なのかというと

知っていたのだ・・・・。
気付いていたのだ・・・・前から。

このエスカレーターの保護板が固定式で危険だって事も。

ハッキリ覚えている・・・・・。
何年前?か、このデパートが出来たての頃に行った時、
エスカレーターの保護板は付いておらず、
間違ったら一発で挟まれるとすぐに気が付いた。

通常より大きめ・長めのエスカレーター。
カートごと乗れるタイプなので、階段状ではなく大きなスロープと
いう感じで、このタイプに始めて乗った子供はそれだけで、楽しんでいた。

浮かれている時は事故が起こる。

私は後ろで子供達を監視しながら、はしゃいでいる子供達に教えた。
普通のお店のようにカバーが無いから、挟まったら即死。
調子に乗って顔をだしたりしてはいけない、絶対に・・・


その時は自分の子供が乗っている間を見張っている事しか、
頭になかった。開店早々で工事が追いついてないんだろうと
勝手に決めつけていた。

その後、この店に行く時はいつも気にしていた。

いつからか保護板が付いた。でも固定式で一般的に見受けるものとは
違う事にも気が付いた。

ブラブラしてなければいけないのが規格とは知らなかったから、
保護板は付いたから良しとするかと、自分の中で勝手にOKを出した。

それからどれぐらいたったのだろうか。
今回の事故が起きた。

私の子供達もここで教えられた事を覚えている。

私は店員でも経営者でもないし、正確には何の責任もない。
でも人間として、保護者として危険だと指摘していれば、
防げていたのかもしれないと思うと、悔やまれてしょうがないし、
・・防げたのかも知れないという事は、やっぱり責任があるのだ。

後から言うのは簡単。今から言っても何も始まらないし、謝る訳にも
いかない。まずは子供の意識が戻り、後遺症が残らない様祈るしかない。

でも子供が助かって欲しいと思うのは、結局、自分を許したいから?
そんなつもりじゃなくても、そう思える時もある。

被害者が子供だった事が、余計にショックを大きい。

子供に問題が無いのか?といえばあるとしか言いようがないし、
管理者・保護者の責任でもある。でももう十分に感じておられる
だろうから、ここはあえていう必要はない。

メーカーはまたあの「シ社」。余計に腹が立つ。


逆切れすると、大体、このデパートはこういったネタに尽きない所。

以前に私が「最悪」という記事で書いたのも、実はこのデパートの事。
これもず~とこのままだ。

それ以外にも↓なのもあっていつか記事にしてやろうと思っていたのだ

大げさ1


どう思います?。

指摘されたのか知らないけど、これは大げさで不要。
商品棚?にもちゃんとゴムでカバーしてあるのに。
このカバーが無くて、ぶつかって怪我をした人が居るのなら、
それはぶつかった人に問題があると思うよ。
ココは買い物をする所なんだから。

このカバーをつけるお金とエネルギーをもっと他の事に
使って欲しいよな。方向が間違っている事が多すぎ!。

客もチラホラしか入ってないから、恐らく予算は未達成。
経営者も予算達成を上から迫られて、安全とかまで
気がまわらないんじゃないかな・・・悪循環(想像です)。

私は普段から機械設備に携わる仕事もしていて、こういった安全
点検などもするので、自然と目が行ってしまうのであるが。

気が付いても、忙しさでそのまま・・・って事も沢山。
今回の事も教訓にしなければならない。
気分の方は時間が解決してくれるだろう、きっと・・・・。


また時間をみて更新に励みます。
遠くの方でバトンを投げたも居るようだし(笑)。


PinChuan

スポンサーサイト
日記 | トラックバック(0) | コメント(3) |permalink
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。